週末はバイクで朝ごはん#52 B級グルメツーリング 丼から溢れ出す生まぐろ!! 那智ねぼけ堂 生まぐろ丼  

生まぐろ水揚日本一の那智勝浦で飽きがくるほど生まぐろを堪能! 
生まぐろ丼 3倍盛り!!!

生まぐろの本場! 那智勝浦町 那智ねぼけ堂 

今回の朝ごはんは、和歌山!
2018年ゴールデンウィークは畿2府4県で朝ごはん食べるぞ!
今回もゴールデンウィークの朝ごはんの思い出。
この日は2018年5月4日。5箇所目です。

目的地は、
和歌山県は南端の町、那智勝浦町にある那智ねぼけ堂。

お目当ては、生まぐろ丼です!!

ところで、人間は生まれたときから本能で知っている味があるそうです。
それは、しょっぱさ甘さ
塩分と糖分は生きていくうえで欠かせないですもんね。

でも、日本人にはもう一つ本能で知ってる味があると思います!
それは、まぐろ味!!

日本人が大好きなまぐろ。
なんと、縄文時代から食べられてるらしいです。
これはもはや、日本人のまぐろ好きはDNAに刻み込まれていると言っても良いレベルですからね!

そんなまぐろ、水揚げ量日本一の港は、静岡県の清水港だそうです。
ですが、清水港のまぐろは遠洋で獲れた、
既に漁船内で冷凍されて揚がってくる冷凍まぐろがメイン。

それに対して、近海で獲れたまぐろを冷凍せずに生のまま水揚げされる生まぐろの水揚げ量日本一は、
那智勝浦の勝浦漁港らしいのです!!

そんな生まぐろの本場、那智勝浦の那智ねぼけ堂、
これまた那智勝浦名物の黒飴をつかったスイーツ生まぐろメニューの専門店。
国の名勝、那智の滝からも程近くにあります。

お店のホームページによりますと、営業開始は朝8:15
オープンと同時に入店すべく、朝8時頃到着。
既に建物の中には入ることが出来ました。

もう一つの名物、黒飴スイーツの売り場は広々。


なんとも魅力的な黒飴ソフトクリームもありました。


お目当ての生まぐろはというと、
食事スペースの案内がありました。

!!?

レストランは10時から??
ホームページにどこにもそんなこと書いてませんやんか!!

レストラン入り口に貼られたメニューを睨み付けながら2時間近く待ちました笑



滝のように溢れ出す生まぐろ!! 生まぐろ丼3倍盛!!!

そしていよいよオープン時間!!
オープンと同時に入店です。


店内は比較的ゆったりスペースをとったテーブルの配置でした。


お店の入り口にはメニューが沢山貼ってあります。

1日20食限定のまぐろステーキ御膳
これも魅力的です。

が、やはり今回はこちら!!生まぐろ丼



注文は食券制です。

まぐろ丼3倍盛 1950円!!


食券を買うと自動的にオーダーが通ります。



右上の番号が呼ばれると、このお渡し口まで取りに行くシステム。

そして出来上がりました!! まぐろ丼3倍盛!!


まぐろが咲いています!!


丼から滝のように溢れ出す生まぐろ!

那智の滝よりこっちの滝のほうがいい!!

お味のほうはもう説明不要!!

冷凍まぐろでは味わえない、
生まぐろならではの、
もっちり、ねっとりした食感にほのかな甘み!
添えられているタレとの相性もバツグンで激ウマ!!!!!

そんな生まぐろが食べても食べてもご飯が見えてきません!!
飽きが来るほどまぐろ・マグロ・鮪!!
たまりません!!

1950円が破格に安いと思えるボリュームと美味しさ!

旨い生まぐろをたらふく食べたくなったら、
那智勝浦の那智ねぼけ堂!!

那智の滝はオマケでいい!
それくらい満足度の高い、生まぐろ丼3倍盛!
オススメです!!