週末はバイクで朝ごはん#85 B級グルメツーリング  ニューヨークから逆輸入の一汁三菜和朝食!! ロリマー京都 京都

逆輸入の一汁三菜!!
ロリマー京都

ニューヨークのお魚屋さんが古都京都でお魚メインの朝ごはんを作ってくれるお店!! ロリマー京都

今回の朝ごはんは、京都!!
京都の町屋を改装して、なんとニューヨークはルックリンのお魚屋さんがやってるお店があると聞きつけて、
京都のど真ん中に朝ごはんを食べに行ってきました!

そのお店の名前は、ロリマー京都 
なんでも、
現在はブルックリンで人気の、お魚屋さんとお料理教室をやっている日本人のオーナーが、

「世界中から観光客が集まる京都で、日本食の素晴らしさを世界に発信したい」

と始めたお店なんだそう!!
そんな逆輸入なお魚メインの和食のお店、
外国人観光客向けのお店ですが、日本人にとってもなんとも魅力的!!

お店のオープンはAM7:30~
今日も一番乗り目指してバイクでバイクで出発です!!

お店の看板には店名が無く、「魚」と漢字で書いてあるだけ!

メニューは一汁三菜か一汁五菜のみ!
メインのお魚とおかずの数を選ぶだけ!

オープン前にお店の前に到着すると、
店内でエルトン・ジョンの音楽をかけながら仕込みをしている様子が見えました。
和食のお店だけど、洋楽がかかっているところはさすがブルックリンお魚屋さん!

数組のお客さんが並び始めたところでいよいよお店がオープン!

カウンターと窓際の席だけのこじんまりとした店内。
席に着くと女性スタッフがメニューを持って来てくれます。

メニューは、
一汁三菜 1500円  

一汁五菜 2000円
のみ!
そしてサイドメニュー。

口頭でその日のメインのお魚を2種類教えてくれます。
この日は、
タイの塩焼き

ハマチの幽庵焼き 

今回は、ハマチの幽庵焼きの一汁三菜と、サイドメニューの温泉玉子 200円を追加で注文しました。

注文すると外国人の料理人によって、魚の調理が始まります。
幽庵焼きは漬け焼きなので、すでに仕込んであるものを取り出して焼きます。
焼いている間に、お皿に野菜中心の「三菜」が盛り付けられていきます。

オーブンで焼いた後は仕上げにバーナー!

こんなところは、さすがニューヨークからの逆輸入って感じがします。
20分ほど待って、いよいよブルックリンのお魚屋さんの朝ごはんがやってきました!!

ぱっとみた印象は、白いご飯が少ない(笑)
日本人が和食で朝ごはんとなると、少ないおかずでご飯をお腹一杯って感じだと思うんですが、
そこは外国人観光客向けのお店、白いご飯がメインではないんでしょう。

それでは早速頂きます!!

まずはメインのハマチの幽庵焼き 
外国人観光客向けだけあって、かなりオリジナルな料理になっています。

お魚はオーブンで焼いた上に、さらに仕上げにバーナーであぶっているだけあって、
かなりしっかり焼かれています。正直、ちょっと硬い・・・ 
身を崩してもハマチの脂が全く出てきません。

味付けのほうは魚の漬け焼きといえば、比較的甘味を強くつけるものだと思うんですが、
これは味醂の甘みが少なく、醤油の塩味が強い感じ。
きっと外国人向けとなると、こういう調理になってしまうんでしょう。

ちなみに、黄色の四角いコイツは、なんと卵焼き!

お店のスタッフさんいわく、
「甘く味付けしたものをオーブンで長時間かけて焼いた、プリンのような卵焼き」 
とのこと。
さすが、卵焼きもオリジナル!!

確かに甘くて、プリンみたい。
卵焼きとは違う気がしますが、これはなかなか美味しかった!!

その他、付け合せのおひたしお漬物も少しずつ食べなれているものとは違ったお味でした。
その分、ちゃんとお店で作っているんだなと思います。

ニューヨークからの逆輸入された日本の朝ごはん!!
オリジナリティー溢れる和食メニュー!

日本人が思う朝ごはんの味ではないかもしれませんが、
なかなか面白い体験が出来ました!!