週末はバイクで朝ごはん#1 B級グルメツーリング 滋賀県 朽木で絶品ホルモンうどん

道の駅 くつき新本陣のホルモンうどん

春。
いよいよバイクの季節がやってきました。

週末の朝早く、まだ交通量の少ない道をのんびり景色を眺めながら走って、
行き先で朝ごはんを食べる。

ただそれだけ。

なのになんだかいい気分になれるのがバイクの魅力ですよね。

今日はおうどんを食べるためだけに朝ごはんツーリングに行ってきました。

道の駅 くつき新本陣 日曜朝市

関西のライダーなら、ツーリングの休憩や集合場所に一度は利用したことがある、
滋賀県高島市の道の駅、くつき新本陣

この道の駅では、毎週日曜日と祝日には朝市が開催されています。
地元で取れた栃の実入りのお餅や、さば寿司などの特産品が販売されます。
くつき新本陣 日曜朝市


朝の9時ころに行ってきたんですが、ツーリング途中のバイクがたくさん停まっていて、
ライダーたちは缶コーヒーを飲みながら、休憩したり仲間の到着を待っているようでした。

でもほとんどのライダーがバイク駐車場のあたりでしゃべっているだけで、
朝市のほうには向いません。

皆さん、ここで食べられるホルモンうどんを知らないんでしょうか。
実はとっても美味しいんです。



朝市のホルモンうどん

道の駅 くつき新本陣の日曜朝市開催時間中は
特産品が並べられるだけではなく、こんなおうどんを提供してくれるお店もオープンしています。

なんだか海の家みたいな雰囲気ですね。
山の中なので、山の家って言ったほうが良いかもしれません。
メニューはというと、

いろいろありますが、全部500円。
ワンコインで、小銭を増やしたくないライダーにもぴったりです。

この中に、特に目立つわけでもなく、ひっそりとメニューに掲載されている、

「ホルモン」

これが今日の朝ごはんです。

お味噌ベースの出汁に少しピリ辛の調味量が加えられて、
たっぷりのホルモンとの相性抜群です。
写真ではわかりにくいですが、見た目よりホルモンがたくさん入っています。

このピリ辛の調味料、
ただの七味では無いんですが、正体はよくわかりません。

お店のおばちゃんいわく、

「辛いのん」
です。

辛いのが苦手な人は、この「辛いのん」 は無しにできるんですが、
ここは断固、「辛いのん」有りをオススメします。
お味噌とホルモンと「辛いのん」がベストマッチで激ウマです。

うどんの麺は手打ちってわけではなく、おうちで買ってきたうどんと同じですが、
この出汁がホントに美味しい。

「関西人はうどんの出汁は全部飲む」

といいますが、
ここのうどんの出汁は、関西人じゃなくても全部飲んじゃうと思います。

春とはいえ、早朝の山中はまだまだ寒いです。
冷えた身体を暖めてくれる、くつき新本陣の「ホルモンうどん」は
この春の週末の朝ごはんにぴったり。
なぜか食べてるライダーが少ないので、待ち時間無しなのもグッド。

身体が温まったら、まだ朝の新鮮な空気が感じられるうちに、帰路に就きます。
大阪から片道80キロ、帰ったらもうお昼の時間です。

ささやかだけど、束の間現実から離れられる、週末朝ごはんツーリング。

道中も鯖街道と呼ばれる、ほとんど信号が無いライダーに人気の快走路。
道の駅くつき新本陣のホルモンうどん、オススメです。

ちなみに、朝市の開催時間は朝7:00~12:00まで。
いちど早起きして食べてみてください。

京都からのアクセスだと、
三千院で有名な大原経由で行くと、シーズンには桜や紅葉も楽しめます。

コメントを残す