週末はバイクで朝ごはん#2 B級グルメツーリング 白浜温泉 反対たまご

白浜温泉 鎌倉商店の反対たまご

ライダーにとっては正月よりも待ち遠しい長期連休、ゴールデンウィーク!
今年もゴールデンウィークがやってきました!

長期連休なので、早起きして遠くまで朝ごはんを食べに行こう!

ということで、今回は関西を代表する温泉地でもあり、海水浴スポットでもある、
和歌山県白浜に行ってきました。

今回のお目当ては、反対たまご!
朝ごはんに反対卵を食べるためだけに、大阪から190キロの道のりを朝4時起床で出発です。

反対たまごってなに?

反対たまご。
一言で言うと、半熟たまごです。
普通、半熟たまごって、白身はしっかり茹でられて固まっているけど、
黄身はまだ固まりきってなくて、とろとろの状態のゆで卵ですよね。

ところが、この反対たまごはその名の通り、反対なんです。
白身がとろとろで、黄身はしっかり固まっている。
いわゆる温泉たまごです。

近ごろ温泉たまごって名づけられてはいるものの、
実はただの半熟たまごっていうのをよく見かけますが、
本来、温泉たまごって黄身が固まっていて、白身が半熟のゆで卵のことです。

黄身だけが固まっている理由は、
白身が固まり始める温度は58℃ですが、80℃近くに上がらなければ完全には固まらないそうです。
でも、黄身は65~70℃前後ほぼ完全に固まるらしい。

なので、70℃くらいのお湯にずっとたまごをつけていると、
白身と黄身の固まり加減が普通の半熟たまごとは反対の温泉たまごが出来上がるってことらしいです。


鎌倉商店の反対たまご

鎌倉商店は白浜温泉、崎の湯の少し手前にある小さなお店です。
このお店のすぐ隣に温泉が湧いています。

鎌倉商店

出典:みんから KeNのページ

お店の前にある、石の桶みたいなのに温泉のお湯がためられていて、
そこにたまごをつけて反対たまごを作っています。

この温泉の温度が絶妙のようで、
この鎌倉商店の反対たまごは、温泉通からは、究極の温泉グルメとも呼ばれているそうです。

これはどうしても食べたい!
しかも朝ごはんで!

朝早く起きて、ワクワクしながら鎌倉商店に行ってきました。

閉まってました・・・
大阪を朝5時前に出発して、白浜の鎌倉商店についたのが朝の8時半ころ、
朝ごはんとして反対たまごを食べるために、この時間を狙って出発しました。

もちろん、営業時間は下調べしていきましたよ!
朝8時から営業ってインターネットでの情報を信じてきたのに・・・

鎌倉商店の先にある崎の湯の駐車場で車の整理をしていた、地元のおじさんに何時から開くか聞いてみると

「10時からやな。のんびりするのが商売やからねー」

とのこと・・・

なんでやねん!

こんな反対たまごが食べたかったのに


鎌倉商店

出典:(旧)人生気まま、B級グルメでいきましょ!

鎌倉商店

出典:(旧)人生気まま、B級グルメでいきましょ!

反対たまご、5個食べるつもりやったのに・・・
10時まであと1時間半。
待てないことはないけど、
10時ってもはや朝ごはんとちがう!!

これは飽くまでも朝ごはんツーリング
反対たまごツーリングではありません!!

きっと、観光客が増える海水浴シーズンなら、朝8時からやっているのでしょう。
また夏になったら反対たまごを食べに鎌倉商店に来ることを誓って、今回の朝ごはんツーリングは終了です。

帰り道、これまた有名な温泉地、龍神温泉の近くにある、
山の中のカフェでケーキを食べて帰ってきました。


お店の裏手は渓流と森。

自然のなかでゆっくりコーヒーもよいものですね。

たまご、食べたかった。


コメントを残す