週末はバイクで朝ごはん#6 B級グルメツーリング 丹波篠山 平飼鶏の卵かけご飯 玉の助

かけ放題じゃない!玉子かけご飯

今回のバイクで朝ごはんは、日本の朝食の定番、玉子かけご飯!

お家でも手軽に食べられる玉子かけご飯。
でも、なぜだか気になるんですよね。
玉子かけご飯のお店。

関西にも玉子かけご飯のお店は複数ありますし、中には有名なお店もあります。
その有名なお店で使われている玉子がどんな玉子か調べてみると、
意外と普通の養鶏場で採れた玉子を使っているお店ばかりでした。

玉子かけご飯のお店といえば、玉子かけ放題がスタンダードな印象ですけど、
家でも出来る玉子かけご飯なら、わざわざ足を運ぶまでもありません。

そんななか、玉子かけ放題じゃない、気になるお店を発見しました。
その名も

「玉の助」

場所は兵庫篠山の片田舎。
ツーリングで行くにも最適です。





絶品玉子かけご飯 玉の助

玉子かけ放題ではない玉子かけご飯のお店、玉の助。
玉子かけ放題がスタンダードの玉子かけご飯のお店のなかにあって、
逆にどんな美味しい玉子を使っているのかすごく気になります。

その気になる玉子とは、平飼いの三田高原 おもいやり・たまご」
注文まえからすでに客席の上に置かれていました。

ストレスがかからないように、鶏舎ではなく、放し飼いされているニワトリから採れた玉子。
健康的に育ったニワトリの玉子だから美味しい!
でも、鶏舎で管理されているものよりも採れる数が少ない。
だから

店内にはこんな貼紙が。

事前に何件か玉子ご飯のお店を探して、どれも普通の鶏舎の養鶏場の玉子を使っていたから、
これは期待が持てます。
玉子5個も使えば、充分ですしね!

お店に入ると、まず初めに注文と支払いを済ませます。
すると、番号札を渡されるので、自分の番号が呼ばれるまで席で待ちます。

午前10時のオープン直後に行ったんですが、私の番号札は6番。
もうすでに5組もお客さんが来ているってことですね。

5分もたたないうちに自分の番が来ました。
ちなみに、注文したのは
玉子かけご飯定食(大) 520円(税別)です。

定食の内容は、ご飯とお味噌汁、それにネギと漬物の小皿。
それから、玉子を割りいれる陽の器。
いたってシンプル。
玉子かけご飯定食ですから当然ですね!
カウンターの上には刻みのりが置いてあるので、お好みで使いましょう!

玉子かけご飯の味付けには、もちろん醤油!
玉の助には4種類のオリジナル醤油が準備されています。

それぞれどんな味のお醤油なのかの説明書きもあります。

今回は初めてなので、
お店オリジナルブレンドの
「玉の助オリジナル」
を試してみます。

出てきたご飯に玉子を4つ一気に入れて、
お醤油をかけます
玉子、ひとつ黄身が壊れちゃいました。

黄身がツヤツヤです!!
オリジナル醤油もほんのり甘みがあって、
濃厚な味の玉子とベストマッチ!!


壁に貼ってあるお店のこだわりを読みながら、
あっという間に食べ終わっちゃいました。
もう、飲み干したといっても良いくらいです。

食べてから気づきましたけど、
ご飯は丹波のコシヒカリなんだって!
どうりで美味しいわけです。

ご飯も玉子もお醤油も
今まで行ったことのある玉子かけ放題のお店より間違いなく美味しかった!!

わざわざ足を運んでまで食べたくなる、
プレミアム玉子の玉子かけご飯。

これはオススメです!

コメントを残す