関西 お花見ツーリングスポット 京都編

バイクで桜を見に行く!! in京都


こんにちは。

いよいよ桜のシーズンがやってきました。

季節の移り変わりをダイレクトに身体に感じられる乗り物がバイクです。
そんなバイクで桜を見に行くなら、やっぱりバイクに乗りながら満開の桜を見られたら最高です。
バイクを降りて、散策しながら桜を見る。
ってのもあるでしょう
でも、

「それなら電車で行って、出店で買ったビールとたこ焼きでいい気分になるぜ」

と思ってしまいます。

そんなわけで今回は、バイクの乗ったまま桜を見られるお花見ポイントをいろいろと調べてみました。
そんなライダー向け桜スポットを探すのに重視した点は次の2点!

  1. バイクで走りながら桜が見られる
  2. 桜とバイクが一緒に写っている写真が取れる
聞いただけでワクワクしてきますね(笑)

それでは行ってみましょう。

大野ダム

大野ダムは京都北部の山の中にある、美山町に流れる由良川の途中にあるダム。
このダムの周りに、地元の人たちが、手で1本1本桜を植えたそうです。
その数約1000本!

桜のシーズンになると、大野ダムの真横を通る府道12号線沿いも見事な桜並木となって、

桜吹雪の中を爽快にツーリングできます!

大野ダムの桜1



また、走り抜けるだけではなく、
この大野ダムには広い公園が併設されています。
この公園ではシーズンには桜祭りが開催され、
露店がでて、桜のライトアップ花火が行われるなど、
バイクを降りてのお花見も同時に楽しむことも出来ます。

大野ダムの桜2


大野ダム桜祭りの詳細はこちら

といっても、今回の記事はバイクで走りながら見られる桜の紹介です。
桜が咲き乱れるルートを最後に紹介します。

桜があるエリア以外も緩やかなワインディングの道なので、
ツーリングコースとしても最高ですよ。

かやぶきの里

大野ダムに引き続いて、
こちらも京都北部の美山町は由良川沿いのお花見ツーリングスポット。

美山町自体がツーリングに最適なエリアなので、
このエリアの桜はそのままお花見ツーリングスポットになっちゃいます。

さて、この美山かやぶきの里は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている、
その名のとおり、かやぶき屋根の民家が30軒以上ある、京都府北部の集落です。

このかやぶきの里を通る府道38号線沿いの桜並木が、
桜のシーズンになると素晴らしいお花見ツーリングルートになります。
かやぶきの里の桜1

この道路から山側に目を向けると、
かやぶきの里の桜2

こんな日本の原風景が堪能できます。

もちろん、この集落内を散策することも出来ますから、
バイクで記念撮影しているライダーも大勢見かけます。

桜とかやぶき屋根のツーショットも!


また、この府道38号線沿いには、
お食事処きたむらという道の駅のような施設があり、
お蕎麦やソフトクリームを食べながら桜を見ることも出来ます。

かやぶきの里きたむら


そんな、ライダーにぴったりのかやぶきの里のお花見ルートはこちら


京都北部の山中にはまだまだたくさん桜のスポットがあるので、
全ては紹介しきれませんが、代表的な美山のお花見ツーリングスポットを2つご紹介しました。



佐野藤右衛門邸

佐野藤右衛門邸というくらいですから、こちらは個人のお宅です。
ですが、桜のシーズンには無料で一般開放されていて、誰でもその立派な桜を見ることができます。

佐野藤右衛門邸の桜1

佐野藤右衛門とは、嵯峨野にある「植藤造園」の当主が代々引き継ぐ名で、
現在は16代目とのこと。

あの有名な京都の八坂神社の枝垂桜を育て上げたのが、この佐野藤右衛門さんらしいです。
その方のお宅の桜、見に行かずにはいられません。

といっても、個人のお宅なので、駐輪場もなければ、お店も出てません。
バイクで行くなら通り過がりにちょっと停めて写真を撮るだけです。
それでも、こんな最高の桜なら大満足ですよね。
佐野藤右衛門邸の桜2

そんな佐野藤右衛門邸お花見ツーリングルートはこちら


あくまでも個人のお宅なので、大勢で騒いだり車両で道路を占拠するのは控えましょうね。

川端通り

川端通りは京都左京区を南北に走っている通りで、全長約7キロ。
そのうち、南部では鴨川と併走し、北部では高野川と併走しています。

今回ご紹介するのは、高野川と併走する川端通り北部の約3キロの桜並木です。

観光スポットというわけではなく、ただの道路です。

が、

ソメイヨシノがずらっと並ぶ3キロにも及ぶ桜並木は迫力充分。

バイクで走ればめっちゃ気持ち良いですよ。
川端通りの桜

近くには京都で有名なラーメン激戦区、一乗寺があるので、
桜のシーズンは、ラーメンツーリングとお花見ツーリングが同時に楽しめる、
贅沢なツーリングスポットです。

川端通りのお花見ツーリングルートはこちら
 
 


以上、今回はバイクに乗ったままお花見が出来る、
京都のお花見ツーリングスポットを4箇所後紹介しました。

年に一度の短い桜のシーズン、ぜひバイクで桜を観に出かけたいですね。

他にもまだまだ良いコース・スポットがありますが、
それはまた次の機会に。

コメントを残す