週末はバイクで朝ごはん#24 B級グルメツーリング 富士山みたいなしらす丼! 和歌山加太 満幸商店

神社の鳥居の先にある海鮮のお店! 和歌山加太 満幸商店

人形だらけの神社 淡島神社

今回のバイクで朝ごはんは、和歌山に行ってきました。


和歌山市の加太という土地にある、淡島神社

その鳥居をくぐって、本殿に行く途中にある海鮮のお店です。

鳥居の奥の左側にまだシャッターが閉まっている建物があるのが分かるでしょうか。
到着が早かったので、まだオープンしていませんが、
このシャッターの建物が今回のお目当てのお店です。

三軒お店が並んでいるんですが、
その真ん中のお店、満幸商店が朝ごはんのお店です。
大人気のお店で、お昼時には平日でも20から30組ほどの行列が出来るらしい!



ところでこの淡島神社
こじんまりとはしていますが、ひな祭りの発祥の地として結構有名だそうです。

この淡島神社に来た目的は朝ごはんですが、
お店がオープンする朝9時まで少し時間があったので、神社の中を見て回りました。


たくさんの願いごとが書かれた絵馬。
大勢の人が訪れているのが分かります。

でも、なによりも驚くのが、
境内にはひな祭りの発祥の地らしく、
人形がたくさん飾られていること。


正直、ちょっと怖いです(笑)
写真の人形はほんの一部。
境内のいたるところに人形が置かれていて、
その数、数万体はあるんじゃないでしょうか。

せっかくなので、お参りもしました。



そうこうしているうちにお店のオープンの準備がちゃくちゃくと進んでいます。



シャッターは開きましたが、まだお店はオープンしません。

お店の前で待っていると、店員のおばちゃんが、
「掛けて待っといてな」

と椅子を出してくれました。

椅子に腰掛けて、お店の準備がされていくのを眺めてました。

店先に、参拝客向けの海鮮土産が次々と並べられていきます。





というのも、
この淡島神社は海のすぐ側にあります。

バイクを停めた鳥居から、神社を背にすると目の前は海です。


この日は釣りに来ている人も大勢いました。

こんなに海が近い満幸商店ですから、
もちろん、生きた魚介も売っています。


こうやって見ていると、
海の町に良く見かける、海鮮土産のお店なんですが、
この満幸商店しらす丼が凄いんです。

いよいよお店がオープン。
オープンの時間になると、何組かのお客さんが既にお店の前に集まっていました。

先ほどのおばちゃんが、一番初めに待っていた私をまず呼んでくれました。

早速その凄いしらす丼を食べにお店に入りますよ!!

お店のおすすめじゃないけど、名物!! 富士山みたいなしらす丼!

注文するメニューはもう決まっていますが、
壁にかかっているメニューを確認して見ます。

やたら年季の入った手書きのメニュー。







メニューは結構豊富で、デザートコース料理まであります。

なかでも、お店の一押しはこちら、


わさびスープ!!

このあたりは鯛漁が有名らしく、
目の前の海から揚がった鯛を3匹分一晩炊いたスープにワサビを添えて食べるらしいです。

この満幸商店しらす丼のインパクトが大きいので、
そちらに目を奪われますが、お店のおばちゃんいわく、

「しらす丼をおすすめしたことは無い!」


のだそうです。

このわさびスープこそが真の満幸商店のオススメらしく、
ネットでもその美味しさが絶賛されていました。

ただ、残念なことに、わさびスープは大きな鍋で出てくるそうで、
一人じゃ食べ切れません・・・

泣く泣く今回はわさびスープは諦めて、
しらす丼のみを注文しました。

ちなみに、しらす丼はサイズが選べます。

ミニ(子供のお茶碗サイズ)・・・400円
ノーマル(ミニの三倍のサイズ)・・・800円
ダブル(ノーマルの三倍のサイズ)・・・1980円
トリプル(ダブルの三倍のサイズ)・・・3980円

この日は一人でしたので、ノーマルサイズを注文しました。

待つこと数分、しらす丼がやってきました!



しらすがまるで富士山です!

味付けに、
わさび梅干が入ったタレがついてきます。


写真のタレの中のなにやら丸いものが梅干です。

お店のおばちゃんの説明によると、
「この梅干をつぶしながら混ぜて、少しずつどんぶりにかけて食べてな!」
とのこと。



肝心のお味はといいますと、

しらす丼ですから、そのまんま、ご飯にしらすが乗っているだけの味です(笑)

ただ、このワサビと梅干のタレが旨いです。
おばちゃんの言うとおり、少しづつ掛けながら食べていくと、
あっという間に食べ終えてしまいました。

このインパクト満点のしらすの量で800円は安い!!

話のネタにももってこいです。

そして、お店のおばちゃんもめっちゃ感じが良い接客です。

観光地の人気店だと、接客が横柄なことも良くありますが、
満幸商店は全くそんなことありません。

オープン前に待ってるときから、
食べ終わってお店を出るときの
「また来てな!」
まで、
インパクトのある、しらす丼と併せてまた来たいと思わせてくれたお店でした。

次回は誰か誘って、
真の名物、わさびスープに挑戦したいです!